デジタコを導入するメリット

デジタコは、運転時間や速度変化などをグラフ化して、車両の稼働状況を把握するデジタル化したタコグラフのことをいいます。現在は、車両総重量8トン以上の車両のタコグラフの装着は義務化されています。デジタコを設置するメリットは、ドライバーにも企業にも様々なものがあります。デジタルのタコグラフですので、GPSによる位置情報やエンジンお回転数の変化、急加速・急減速などのアナログではわからない情報も記録することが可能です。

企業側は細かいデータを解析することができることで、ドライバーに適切な安全運転指導ができるようになります。また、トラックのドライバーは日報を作成する必要がありますが、デジタコであればその日の運行状況を自動で作成してくれるため、それを印刷して提出するだけで一つの仕事が終わります。誰でも簡単に使うことができ、運行データが正確に記録されることでドライバーの意識を高められるなどのメリットがあります。装着が義務化されていることから、導入する場合には国土交通省から助成金や補助金を得ることができます。

対象になっている機種を選択すれば、コストを抑えながら導入することができるようになっています。また、将来的にはデジタル機能だけではなく、ドライブレコーダーとの連携や遠隔地でのリアルタイムな運行管理・支援などの機能が追加されることがわかっています。このような機能が追加されることで、高度な運行管理が行えてトラックによる事故の減少が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *