クラウド化されたデジタコを導入しよう

近年義務化が進んできており注目度が高まっているデジタコですが、中でもクラウド化されているタイプのものが人気です。クラウド化されているデジタコを使うメリットは色々ありますが、まず一つ目に挙げられるのが配送計画を効率的に作成することができる点です。配送する際の計画を共有したり、作成から送信までを簡単に行うことが可能です。全事業所がネットワークでつながっているので、営業所同士で車両の確認を行います。

このように情報を共有することで、無駄な空車を増やさずに効率的に回ることができます。続いてはクラウド化されたデジタコを使うことで、安全性を向上することに役立ちます。クラウド化されたデジタコを使っていると、スピード超過や危険運転をしているドライバーを簡単に発見できます。事故に繋がる前に注意喚起をすることができるので、会社側にとってもメリットが大きいです。

また、今まではドライバーとやり取りをする際は携帯を使用していることが多く安全性に不安がありました。しかし、今ではデジタコを使用してドライバーとやりとりをすることができるので安全性も高まります。そして、なんといっても費用を削減することができる点がメリットとして大きいと考えられます。クラウド化されることで走行距離が目に見えて分かるようになり、ドライバーのエコ意識が高くなったという研究結果が出ています。

また、事故を抑制することで巨額の賠償金を支払う心配がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *