低価格帯のデジタコも魅力的

デジタコの義務化により、導入は不可欠な状況になっています。しかし、平均的なデジタコの価格は1台あたり18万円前後となっています。所有する車両が多ければ、その負担額もかなり高額になると言えるでしょう。デジタコについて調べてみると、1台あたり30万円を超えるような高性能なものがあれば、1台あたり5万円程度という低価格なものもあります。

その価格差は非常に大きく、選定の際の悩みどころになります。一般的に価格に比例して高性能になる傾向が見受けられます。これはデジタコに限らず、どんな商品についても言えることなので、不思議なことではありません。ただ、高性能なものを導入してもすべての機能を使い切っていないケースが大半であるのも事実です。

選定においては必要最低限の機能を満たしつつ、外せない機能を搭載したものを選ぶべきです。ここで、低価格帯の商品に目を向けてみると魅力的な点に気づきます。低価格であるからと言って、基本機能と言える運行情報の記録はしっかりと行えます。また、そのデータを集計して、二次利用できるようにもなっています。

商品によっては、そのソフトウェアがついてくるものもあります。低価格帯のものはシンプルなデザインとなっていることが多く、これは操作上のメリットにもなります。ボタンを押すだけという操作であれば、デジタル機器が苦手な方でも簡単に操作できます。取り付けも簡単なものが多く、自分で取り付けられるものも少なくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *