デジタコを利用すれば簡単にデータを収集できる

タコグラフは、ドライバーの走行情報を記録するために利用されるツールです。一般的なものでは、アナログ式のものを利用して記録をしていくことになります。チャート紙を用いてグラフのような形で記録していくことになりますので、実際に走行をしたドライバーからチャート紙を受け取ることによってデータを収集できます。しかし、従来までのこういったアナログ式でのタコグラフにはいくつかの問題点も存在します。

例えば、データを収集したとしても別の媒体にそのデータを整理しなくてはいけないという点です。チャート紙をいつまでも放置しているわけにはいきませんので、コンピュータに情報を打ち込んで管理しなくてはいけません。また、ドライバーがチャート紙を提出してくれないときには利用することができないという難点も存在します。これらの問題点を解決したのが、デジタコの大きな魅力です。

デジタル式のデジタコは、クラウド技術を利用してデータを収集できます。通信技術を使っていますので、ツールを設置しておけばその情報をネットワークを通してクラウドサーバーに蓄積されています。つまり、チャート紙を提出してもらう必要はありませんし、データを移し替える必要もありません。クラウド上に存在しているデータは、バックアップの役割も果たしていますので特定のコンピュータが故障してしまっても全く問題ないメリットもあります。

情報収集が楽で、しかもリアルタイムで管理ができるのがデジタコの大きな魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *