アナログ式と比べたデジタコの利点とは

タコグラフは、車両の走行状況を記録するための装置としてドライバーの間で広く普及しています。一定重量以上のトラックなど、業務用車両の間では装着が義務付けられてもいます。記録されたデータは、安全教育や車両運行の効率化などの目的に利用されます。現在市販されているタコグラフには、従来からあるアナログ式と、デジタコという略称で呼ばれるデジタル式の2種類があります。

近年では、扱えるデータの多さや使い勝手の良さから、デジタコの普及が進んでいます。従来のアナログ式タコグラフでは、速度計の裏に取り付けたチャート紙の上をペンが動いて線を描くことによって、速度の変化や時間の経過などを記録していました。これに対してデジタコでは、各データをデジタルの情報としてメモリーカードなどの記録媒体に収録します。無線通信ができるタイプでは、遠隔地のコンピュータなどに直接記録することも可能です。

アナログ式と比べた場合、デジタコには収録可能なデータの容量だけでなく、種類も多いという特徴があります。現代の自動車にはさまざまなデジタル制御機器が使われているので、それらと接続すれば速度の変化のみならず、ドアの開閉や燃料の減り具合といった点に至るまで細かく記録できます。これらのデータをタクシー事業者や配送業者などが活用すれば、よりきめ細かな従業員教育を行うのに役立ちます。また、記録されたデータはコンピュータによるさまざまな処理が可能です。

そのため、アナログ式と違ってチャート紙の読み取り方に関する知識を持たない者に対しても、グラフ化などを通してより見やすい、理解しやすい加工ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *