デジタコは管理者のマストアイテム

デジタコは導入の義務が広まりつつありますが、使い方が分からない人もたくさんいます。デジタコの使い方は管理者とドライバーによって分かれますが、管理者の場合は運行データを反映させることができます。従来のアナタコに比べると記録データを解析することに優れており、初めから運行管理システムが構築されております。ドライバーが提出してくるSDカードをパソコンに差し込むだけで、運行データーを確認することができます。

しかも、ドライバーの運転傾向や問題点を見ることができるため危険運転を減らせます。今までドライバーや管理者が逐一チェックしてきた日報も、デジタコを使えば簡単にできます。最近のデジタコはリアルタイムで運転状況を確認することができて、安全運転の教育に活かすことが可能です。デジタコにはいくつかのチェック項目がありますが、まず挙げられるのが急発進です。

詳細なデータが記録されるタイプであれば、急発進のデータなど細かいところまで確認することができます。また、急減速やアイドリング・長時間運転など運転に関する様々なことを見ることが可能です。データをグラフ化して評価してくれる機能もついているため、一目でドライバーの運転傾向を見られます。今までは管理者の仕事が多くドライバーに時間を使うことが難しかったですが、今では時間を使わずに簡単に見られるようになりました。

ドライバーの運転を管理することで、会社全体の質の向上に繋がります。デジタコのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *