リアルタイムで状況がわかるデジタコについて

運送業界などで、デジタコの設置が注目されているのはご存知でしょうか。年々増加し続ける交通事故などを心配した厚生労働省によって、タコグラフの設置が義務付けられるようになったためです。今まででもタコグラフを搭載したクルマというのはありましたが、アナログタイプが主流でした。神の円盤状の紙に運転状況スピードやどれくらい休憩を取っているかと言ったことが記録されるようになっていました。

出したからこのケースであると、グラフの意味をしっかりと読み取るための知識も必要にもなりますし11日などに隠さなければいけないといった形で一つ手間がかかってしまう、という問題点があったのです。そのため結局ドライバーの状況を管理することができなくなり、あまり意味をなしていませんでしたが、デジタルタイプで記録されるデジタコが登場することによって、大幅にそうした問題点が改善されるようになったのです。デジタルタイプであればいきち記録する必要はありませんし、見やすくグラフなどに表示されるようにもなるため、管理者がここのドライバーがどのような運転をしているかということがリアルタイムで明確にわかるようになります。またクラウドなどに接続することによって、スマートフォンやタブレットなどといったモバイル機器からいつでもどこでもデジタコのデータが把握することができるようになるため、急に仕事が入ったような時のに適切に、どのドライバーに依頼するかなると言ったことを判断することも可能になっています。

全体として生産性アップにつながるということは間違いないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *