デジタコの導入費用を抑える方法について

最近では運送業界やタクシー業界などによってタコグラフの設置が義務付けられていることは、ご存知でしょうか。この業界に関わっていれば何かしらの形で耳にしたことがあるかと思います。運転状況などを記録する用紙を、タコグラフというわけですが、これは現在ではアナログタイプではなくて、デジタルタイプのものが登場し、大変利便性が向上しているのです。かつてであればアナログ運転状況などがわかるため、急に仕事が入ったような時に戻るドライバーに依頼するからなると言ったことが、瞬時に的確に判断ですることができるようになります。

確かに年齢の交通事故の増加を懸念して厚生労働省が義務付けたことは運送業界にとって大きな打撃ともなり得ることではありますが、デジタコにすることによって、生産性を改善することなども可能なのです。そうした目で見れば、かなりプラスに働くこともあり得るのはデジタコの導入のです。デジタコの導入費用が心配という人も多いかもしれません。実際アナログタイプの導入であれば5万円から7万円程度でできるのに対して、デジタルタイプであれば20万円程度と倍以上かかってしまう可能性があるからです。

デジタルタイプでも機能性などを抑えていくようにすればアナログとほとんど変わらない値段で導入が可能ですし、交通省は助成金などを支給する制度も始めていますので、そう言ったこともよくチェックすれば、無理なく導入ができるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *