デジタコの設置は燃費向上にもつながる

タクシー業界などといった、車を使う業界において現在注目されているのがデジタコです。2020年国土交通省によって設置が義務化されるこのようになり、様々な交通事故減少する目的でどの車にも搭載しなければいけないというふうに決められたからです。タコグラフというのは車がどのようなスピードで走っているのかと言ったことや、どれくらい休憩を取っているのかなると言ったことをしっかりと記録していく装置ですが、かつては紙に記録するアナログタイプが主流でした。円盤状の紙を挿入することでそこにグラフが記録されそれによって、スピードや運転状況などがわかるようにされていたのです。

タコグラフとは車が走っている時の速さやどれくらいの時間走っているのかといったことをグラフという形で数値化することによって誰もがその運転状況を把握できるようにしているものですが、かつてはアナログタイプが主流でした。円盤状の記録用紙を挿入することでそこに記録されていく形です。しかしこの形だとどのような意味なのかといった知識がない限り、読み取ることができなくなってしまいますし、いちいちそれを西に書き移さなければいけないのは、どういった形で手間がかかってしまうという問題点がありました。しかしながら現在ではデジタルタイプのデジタコが登場したことによって、大幅に業務効率が改善するようになっているのです。

またデジタルタイプであればアナログタイプでは記録できなかった急発進急ブレーキなどといった様々な状況も記録することができるようになるため、危ない運転をしているようなドライバーに対しては適切な運転指導を行えるようにもなり、デジタコは結果的に燃費向上につながったと言ったような声も上がっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *