最近デジタコが運送業界で注目されている理由

近年タクシー業から運送業界などで注目されているのは、タコグラフの設置です。年々増加し続ける交通事故を抑えるため、国土交通省が全てのトラックにタコグラフを設置することを義務付けるようになったためです。このタコグラフというのは、アナログタイプのものでは昔からありました。それによって運転状況やスピードなどがわかるようにもなりますし、適切に休憩を取っているかなるといったドライバーの稼働状況がしっかりと把握できるようになっていました。

しかしながらアナログタイプであると読み取るために知識量などが必要にもらってきますし、リアルタイムでどのような状況であるかということは判断することはできません。デジタルタイプであればクラウドと連携することによって、リアルタイムで運転状況などがわかるようになるため、急に仕事が依頼された時などにデジタコがあればどのドライバーに託すべきなのかと言ったことが的確に判断できるようにもなりますし、結果的にコストが下がったということも起こり得るのです。機能性が上がれば上がるほど価格が上がってしまうという問題もありますが、そういった機能をしっかりと押さえていく事によって5万円程度からデジタコの導入は不可能ではありません。アナログタイプもそれくらいの値段ですから、ほとんど変わらずそういったところからまずっていつあるの使い勝手などを把握した上で、本格的にデジタコの導入を考えていくというような形が1番おすすめのタイプと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *