デジタコを積極的に導入すべき3つの理由

タクシーや運送業界といった、車を利用して企業を運営しているようなところにとっては、ガソリン代などといった様々な経費というものが問題になりますが、最近はタコグラフの設置を義務付けられたことによってとても重要なものになってきています。タコグラフというのは車のスピードや停止時間、きちんと休憩を取っているかなどといったことが記録される車の計器のひとつですので、これを導入しなければいけないということで頭を抱える企業の人も多くなってきていますが、現在ではそのコストを上回るほどのメリットがたくさんあるデジタコが登場してきています。デジタコはアナログタイプと異なり運転状況などがデジタルとして、すぐにパソコンに書き込まれていく形になっているため、それを読み取ったり可決したりする手間などがかからない点でデジタコがトータルコストが下げることが期待できるのです。また急発進急ブレーキにといったアナログタイプでは記録できなかった要素まで記録できるようになるため、無理な運転をしているドライバーのに適切な運転指導などを行えるようにもなり、燃費が下がると言ったことを期待できるようになります。

国土交通省に義務化されたからではなくて、積極的に取り入れるべきものができた子なのです。大体価格としては15万円から20万円程度が相場ではありますが、安いものであれば機能は少ないぶん、アナログタイプとほとんど変わらない値段のお万円程度からなので、はあるので、是非とも運送業界などに携わっている人は設置を検討してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *