デジタコがアナログよりも便利な点とは

国土交通省が年々増加し続ける交通事故への対策として、総重量7トン以上の車に義務付けるようになったタコグラフ。これには主にアナログタイプとデジタルタイプのデジタコの2種類ありますが、それぞれのメリットデメリットは、一体どういったところにあるのでしょうか。アナログタイプというのは車の運転状況がしっかりと記録される計器の一つですが、アナログタイプの場合であれば円盤状のチャート紙を挿入することによってそこにグラフとして記録されていく形になりますので、そのため読み取るためにはある程度の知識や経験それから感などが必要になってきますが、デジタコであれば読み取りやすい形式でパソコン上にデータとして保存されるようになるため、いつでもどこでもだれでも把握できるようになっています。また操作方法なども直感的に行えるようなものなども増えてきているため、機械が苦手な従業員などがいる場合なども特別教育の必要なのがないといった点からも大きなメリットが多いということが言えるでしょう。

国土交通省の義務づけによってその導入が義務付けられたわけですが、法律があるからいやいや設置するというのではなくて、生産性アップのためにデジタコを積極的に取り付けていくというのがおすすめです。装着の義務化によって駆動交通省から助成金や補助金などの対象になる可能性も高くなっているので、そういったものとよくチェックしながら賢く導入していくようにしていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *