ドラレコとは何か基本を解説

自動車に関する便利グッズとして注目度が上昇しつつあるのが、ドラレコです。

ドラレコとは、ドライビングレコーダーの略称で、その名の通り自動車を走行させている途中の様子を記録する機能を持った装置です。自動車の前方や後方にカメラを取り付けると、周辺の映像を音声つきで記録することができます。ドラレコとは基本的にトラブル発生時の情報収集に利用されます。仮に走行中にほかの車両からぶつけられた場合、その衝撃を受けた前後の様子を動画で確認することが可能です。そのため、信号無視など法律違反があったのか、どのような角度でぶつかったのか、動画によって客観的な確認ができます。保険の手続きなどをするときに役立つと期待されています。ドラレコとは原則として走行中に役立つグッズですが、駐車中にも活用できることはあまり知られていません。

詳細は機種によって異なりますが、駐車中にも機能して盗難などのトラブルに対応できます。具体的には、車両への衝撃や近寄る人間に反応して映像を残すことが可能です。これにより、自宅や外出先で駐車しているときにトラブルがあったとしても、その原因をつきとめられるかもしれません。警察に相談するときも、被害状況を明確に伝えられるので安心です。自分の車をずっと見張っているわけにはいかないので、かなり役立つ存在です。ドラレコの取り付けは比較的簡単にできますが、購入した店舗に取り付けを依頼することもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *