ドラレコとは映像で証拠を残す車載映像記録装置

ドラレコとは正式名称をドライブレコーダーと呼び、海外での呼び名のダッシュカムに対してこちらは和製英語になっています。

車載タイプの映像記録装置であり、運転中の映像を録画するのが目的です。クルマを運転する以上は交通事故のリスクをゼロに抑えることはできません。事故に備えて自賠責保険や任意保険などに加入するわけですが、事故を起こしてしまった当事者たちは、自分の過失を認めないケースが少なくありません。そんなときにドラレコを搭載していれば、強力な証拠を得ることができます。

ドラレコとは任意で設置するものであり、法的に強制されているわけではありません。それでも近年は設置を希望する方が急増しており、あおり運転や当て逃げ対策に役立っています。いざという場面で役立つのは証拠であり、証拠がなければ互いの言い合いで終わってしまいます。本当は相手に大きな過失があるのに、自分のほうが悪者になっているというケースはよくあることです。特に入院が必要となる怪我をした場合、退院してから過失の多くを自分に押し付けられていた現実を知る人は少なくありません。ドラレコとはこうしたリスクを回避する装置であり、もともとはバスやタクシーなどの営業車両に導入されていました。それから一般車両にも普及し、現在は前方だけでなく後方や全方向を撮影できるドラレコが登場しています。証拠を残すことにより交通違反をしてしまった場合も有利に働くことがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *