デジタコの価格ってどれくらい?

デジタコは、それまでのアナログ式のタコグラフに代わって登場した運行管理を行うための機器です。

アナログ式の場合には円盤状のシートに時間と速度などを記録していくというものでシートの交換が必要でしたし、運行状況を確かめるためには解析しなければならず、客観的にすぐに知ることができるデータと言えるものではありませんでした。一方でデジタコの場合には記録されてるデータはすべてデジタルで行われるので、時間や速度、距離といったものをすぐに確認することができるものです。

タコグラフの設置義務は以前は大型トラックに義務付けられていましたが、近年規制が強化され中型以上のトラックにも取り付けが義務付けられるようになっており、また正確な運行管理をするため運輸業や旅客業において設置する事業者も増えています。このため需要が高まっており管理がしやすいデジタコは多くのメーカーが販売しています。デジタコの価格は、平均価格としては約18万円とされており、ドライブレコーダーなどを比べても高価なものです。

特に高機能なものになるほど価格は高くなるため、導入する際にはその目的を考慮して行うことが大事です。一方で設置義務の拡大によってニーズが高まっており、安価に取り付けられるものも登場しています。法律上の必要最低限の条件をクリアしたものであれば15万円程度で取り付けられるものもありますが、業務として取り扱うのであれば良い機種を投入するのがベターです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *