デジタコを導入する際の価格相場

デジタコは車両の走行距離・速度・時間だけでなく、さまざまな運行情報を記録できます。

デジタコ装着の義務化の流れが進み、今や必須装備となっています。導入メリットも理解できますが、やはり費用が気になるのではないでしょうか。売れ筋の人気モデルから平均すると18万円前後が価格相場であると言えます。ただし、平均価格なので10万円以下のものも数多くありますし、30万円以上するものもあります。

デジタコを活用しようとすると、連動させる運行管理システムの導入が不可欠です。運行管理システムを導入すると、デジタコからの情報がリアルタイムで確認できるようになり、必要に応じてドライバーに指示を送ることもできます。また、日報として報告すべき情報の多くは自動的に記録されているため、ドライバーが日報を作成する業務が軽減できます。この運行管理システムは、クラウドサービスとして提供されているものが増えています。クラウドサービスの場合、サーバーの準備や運用・保守作業を自社で行う必要がありません。

クラウドサービスの場合、初期導入費用は無料かわずかな費用ですむことが大半ですが、月額費用はかかります。また、インターネット接続が前提となりますので、インターネット回線の利用料が発生する場合があります。これらを加味したトータル的な費用を検討する必要があり、デジタコ本体価格だけに注視することはあまり意味がありません。トータル的な費用見積りを複数社に依頼して比較すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *