低価格帯のデジタコの特徴を確認する

デジタコは近年高性能なタイプの機種が多く登場しており、運行記録上の幅広いデータを細かく取得する事が可能です。

これらのタイプはクラウド連携の物や、ドライブレコーダー一体型など非常に多機能で、業務においての効率化にも大きく役立つデータの管理が可能です。しかしこのような高機能なデジタコを購入する場合は価格面で高額となるケースが多くなりますので、事業者にとっては経費の負担となる事もあるでしょう。高性能な次世代型のデジタコは費用対効果がありますので、経営面で見るとメリットとなる場合も多いですが、初期費用を抑えたいという事業者の方は低価格のデジタコを導入するというのも1つの方法です。

それでは低価格のデジタコの機能面ではどんな特徴があるのか確認してみましょう。まず抑えておかなければ行けない部分が、国土交通省の方針による法定3原則を記録できるという点があります。販売されている機種はこの法定3原則を搭載している物が条件ですので、この部分は問題なくクリアできるでしょう。そして低価格の機種は非常にコンパクトで場所を取らないという点がメリットです。

必要最低限の機能を搭載していますので、スペースが少ない車両にも搭載できるのが特徴です。また機種によってはアナログ式のタコグラフよりもランニングコストを安く抑える事も可能で、従来型のアナタコからの買い替えという面でも行いやすいでしょう。シンプルな機能ですので、どなたにでも操作しやすくスムーズに使用できるメリットも注目点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *