義務化により気になるデジタコの価格帯

デジタルタコメーターはデジタコともいいますが、装着義務化の対象になった4トントラックに取り付けなければならないけれども相場価格はどのくらいであるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

デジタコは5万円台から30万円前後の価格帯の製品が多いのが特徴ですが、6万円前後の値段が安いものでもSDカード挿入後にエンジンをかけるだけで走行データの記録ができる、記録したあとはSDカードをパソコンで読みより専用のソフトウェアを使いデータ分析ができる製品もあります。分析可能な内容としては、急加速や急減速などのような危険を伴う運転の有無や燃費計算、あらかじめ設定してある速度や回転数を上回ったときにはアラーム音がなるなどの機能も備わっているようです。

価格帯が上になるとデジタコの機能にはいろいろなものが追加されることになりますが、中でもカードレスで運行情報を記録できるタイプはドライバーが多い会社などに最適な装置といえましょう。通常は運行情報をSDカードなどに保存するのですが、このデジタコの場合はクラウドを利用しているため、で運転手がカードの挿入や脱着などの手間がかかりません。

インターネット上のサーバーにアクセスすれば所有車両すべての運行記録を閲覧することができますし、クラウドの場合はネット環境があればどこからでもサーバーにアクセスが可能です。また、運行記録の分析もSDカードや無線LAN、LTEなどの中から自由に選ぶことが可能な機能もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *