デジタコの価格相場は今どれくらいなのか

現在は運送中の走行速度それからどのような走り方をしているかなると言ったことを数値化してグラフなどにするタコグラフが大変機能性が高くなってきており、デジタルタイプで行えるようになってきています。

いわゆるデジタコというものでそれを設置することで、ドライバーがきちんと休憩を取っているかと言ったことやどのような運転の仕方をしているかなどといったことが、遠隔地からでもリアルタイムで把握できるようになっていますが、そのようにすることによってドライバーの運転指導などについてもよりそのドライバーに寄り添った形でアドバイスをすることができ、スキルアップなども見込めるようになります。

またかつてのアナログタイプなのであれば、そのデータを読み取って手書きをしなければいけなかったものの、現在のデジタルタイプであれば、すぐに走行状況がデータとなってパソコンに記入されるためそのような書き写す手間なども省けます。労働管理の徹底も行え、何より安全走行を流すことができないといった点で大きなメリットがあるのです。しかしながらやはり多機能であるため、1台あたりの価格も高くなりがちです。

価格の平均は大体18万前後で、クラウドやインターネット回線などを利用するようなデジタコの価格はさらにこれよりも高くなります。最低限の機能だけ備わったものであれば、5万円程度から販売されています。デジタコの設置などが義務付けられたことによって、助成金などが受け取ることができる制度もありますので、そのようなものを活用するのもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *