デジタコの平均価格について

タコグラフというのはトラックのドライバーがどのような運転の仕方をしているかといったことを記録する装置ですが、かつてアナログタイプが多かったこの装置に、デジタルタイプのデジタコ登場し、多くの機能が備わるようになってきています。

デジタルタイプであれば、リアルタイムでそのトラックの走行状況や運転の仕方などがデータ化され、パソコン上に保存されます。そのためドライバーの運転のクセやきちんと休憩を取りながら走っているか、と言ったことが把握できるため、適切な運転のアドバイスなどがすることを行うことができるようになり、スキルアップが見込めますし、運転の無駄な燃費を消費してしまうことなどを防げるという点でメリットが多いです。

また労務管理などをきちんと行うことにより急な仕事などが入った時なども、走行距離の短いトラックドライバーに配分するなどといった業務の割り振りも簡単に行えるようになるといったメリットがあります。しかしながら当然それだけ機能が多くなればなるほど、価格も上がってくるという傾向があります。デジタコの価格の平均は18万円前後ですが、インターネットやクラウドなどと接続して様々な運転の状況などを細かく記録できるようなものであればあるほど、さらに高くなってきます。

しかしながらシンプルなアナログタイプ程度の機能がデジタル化したものであれば、価格は5万円程度とほとんどアナログタイプと値段が変わらないものなどもあります。現在では国交省の指示による義務付けなどの関係から、助成金などが支給されるといったこともありますのでそういったことをよく調べ最適なデジタコを選べるようになっておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *