デジタコの価格について

デジタコとは、自動車の走行時間と走行速度等の運行記録を自動的に記録するものです。

メモリーカード等に保存するシステムとも言われているでしょう。従来のタコグラフと呼ばれる製品では、タコチャートという円盤状の記録用紙にグラフを書くとするアナログ式が採用されていました。このデジタコの価格についてですが、導入価格としては、本体金額に運用費と設置費が掛かるとされているでしょう。運用価格表を見ると、詳しく分かるようにホームページで掲載しているとこともあります。

業界最安のデジタコでは、本体価格が5万円とされることがあり、解析ソフトが無料でSDカードも込みとされていることがあるでしょう。安くて小さく、軽量でボタンを押すだけという操作方法の簡単さが売りとされていることがあります。しかし、このような商品は、機能の高度化に伴って、操作が複雑化したり、価格が上がっている傾向にあります。なので、今でも安価のアナログ式が沢山利用されているのが現状です。

ですが、そんな中でも安くて良いデジタコを提供しようと、考えられた商品ができてきました。DINスペースの空きがない車両でも装着することができるという魅力を持つ商品もありますし、市販のSDカードが利用できるので、アナタコという従来の製品よりも安いランニング費用が現実化されていたりします。安くて良いデジタコの魅力は、高齢のドライバーにも分かりやすいシステムになっていることも挙げられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *