デジタコの価格帯とは

デジタコとは、デジタルタコグラフの略称のことです。

自動車の走行時間や速度などを記録してメモリーカード等に保存していきます。自動車を使って仕事をする職種では運行管理システムとして導入されていることが多いです。このデジタコには、様々な種類や特徴があります。最近、よく聞くドライブレコーダーもひとつで、こちらの場合は事故などの記録をするのがメインとなってきます。カード型とクラウド型があり、それぞれ記録されていく場所が変わります。カード型はSDカードに運行記録をしていき、会社にそのSDカードを提出する形です。

一方クラウド型は携帯電話のようにSIMカードに記録していきます。通信機能があるので、走行場所もわかります。カード型は最初に買いそろえたり、クラウド型は通信料金があるので、月々一定金額を払うという形になります。どちらにもメリットデメリットがあるので、会社や個人の都合に合わせたタイプのデジタコを選べると良いです。

価格は、小型・リモコン型など形によりますがおおむね5・6000円くらいからで、高くても2・3万円の価格設定が多いです。自分で運行開始や終了・休憩などを登録していくので、機械が苦手な人でも使えて、手間のかからないように使いやすい作りになっているものが多くなってきているので便利です。社用車や運送業には欠かせないもののひとつなので、価格と品質、使いやすさをしっかり見極めて選べると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *